安全に配慮されたセキュリティシステム

マーケティングオートメーションにセキュリティは必須

マーケティングオートメーションのためのシステムソフトを選定する上で欠かせないのがセキュリティシステムの考慮です。マーケティングオートメーションをするには充実したセキュリティが整えられているソフトを使用するのは必須なので、できる限り安心して運用できるものを選びましょう。マーケティングを自動化するためにはユーザーのプロフィールを解析し、その結果に基づいたアプローチをする仕組みを整えなければなりません。ユーザー情報をウェブの技術を用いて集めることで実現できるものですが、集められた情報は全て個人に帰するものなので漏洩してはならないものなのは明らかでしょう。

きちんとセキュリティー対策が整えられていて漏洩リスクが極めて低いシステムを選ぶのは漏洩トラブルが起こる可能性を考えると必須なのです。場合によっては最初から氏名や属性などの情報を盛り込んだリストを使ってマーケティングオートメーションを行うこともあります。この場合には情報に匿名性すらないので、個人情報の漏洩が起こったと気づいた一般の人からクレームをつけられることになりかねません。企業生命を揺るがす可能性すらあるので注意しなければならないでしょう。

システム監視は必要か

マーケティングオートメーションを運用するときにはただセキュリティー対策が徹底しているシステムを選べば大丈夫と言えるのかと疑問に思う人もいるでしょう。サーバーを運用するときのようにシステムを監視する体制を整える必要があるのではないかと心配になる場合もあります。確かにマーケティングオートメーションはユーザーのアクションに対して随時体制でマーケティングをするのが特徴で、いつも安全な状況で稼働しているかどうかを確認することは大切です。サーバー上で動かすのが基本なので、サーバーのセキュリティーについても十分に配慮することは必要でしょう。

ただ、システムそのものを有人監視しなければならないようなことはあまりありません。マーケティングオートメーションのシステムを動かしているサーバーの監視さえできていれば障害が発生したり、情報が漏洩したりするリスクはほとんどないのです。ただし、マーケティングオートメーションのシステムソフト自体のセキュリティーがしっかりとしているのが条件になります。その選定の仕方さえ大丈夫であればシステムそのものの監視はほとんど必要ないと認識し、システムを選ぶときには慎重になりましょう。

© Copyright Marketing Automation. All Rights Reserved.